土竜もぐら
灌木と雑草に荒れた叢は、雑木林から雑木林へと、長い長い丘腹を、波をうって走っていた。 茨の生える新畑は、谷から頂へ向けて、ところ斑に黝んでいた。 梅三爺の、一坪四銭五厘で拓く開墾区域は、谷のせせらぎに臨んで建った小屋の背後から続いていた。 …
作品に特徴的な語句
やん しゃ おど にし 母親がが 私等わてえら 其処そっ いだま べっ わり いじく 爺様じいつぁま 這入へい かおり 出発たつ 田舎ざえ なつか 打付ぶつ こせ 洋服ふぐ くゆ 狼狽あわて おら あん 先達せんだって おご 此方こっち 適当むか 配達へえたつ なん 唐鍬とうぐわ 嫩葉ふたば けえ つい やす さから みひら 葦切よしき あき 陽当ひなた まんま くろず 一握ひとにぎ 丘腹きゅうふく 五歳いつつ 他所よそ 他郷たきょう せがれ 低声こごえ 何時いつ 佩嚢どうらん あたい 凝視みつ わか きざ 勿体もったい くさむら つぶや やかま 嗅覚きゅうかく 四辺あたり 坂路さかみち うず 墓所はかしょ 夜半よなか うち とが 市平いちへい 布団ふとん 微笑ほほえ うやうや ものう 戸外そと 所有もの かつ ひら おお まだら 新畑あらばたけ 春吉はるきち くら 暢気のんき