“葦切”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よしきり50.0%
よしき33.3%
あしきり16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて別封(小説「葦切」)は佐瀬と申す男の書いたもので、当人はこれをどこかへ載せたいと申しますから『ホトトギス』はどうだろうと思い御紹介致します。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
緑のスロープも、高地になるに随って明るく、陰影が一刷毛に撫で下ろされた。の多い下の沢では、葦切りがしくいていた。
土竜 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)