漱石氏と私そうせきしとわたし
序 漱石氏と私との交遊は疎きがごとくして親しく、親しきが如くして疎きものありたり。その辺を十分に描けば面白かるべきも、本篇は氏の書簡を主なる材料としてただ追憶の一端をしるしたるのみ。氏が文壇に出づるに至れる当時の事情は、ほぼ此の書によりて想 …
作品に特徴的な語句
祖父おじ くっ すすむ まと 武士ざむらひ ちょく いい あげ ほしい つけ やっ ひま さが ごん もと わずらわ はばかり かん べか かな あで くわだて 己惚うのぼ かたわ おく 如何どう もっ 日暮ひぐらし あや じゅう けい かたむき えにし ぎょう もと つか あく つもり 如何いかが やむ 脊負しょ さる 最早もは はじ 加之しかも 囲繞いじょう 惟然いねん むこう にわ よめ 秋晴しゅうせい かみ のち そもそ おおい あわただ まず なか ふる ぼっ 裲襠しかけ おさ きゅう すわ たび にら 主命しゅうめい 鰒汁ふぐじる 越年おつねん ひさし 草臥くたびれ 御櫃おひつ 小六こむ 驚入おどろきいり しま もん きれ こと 分袂ふんべい 無性ぶしょう 先達せんだっ にか 枳殻きこく おれ 頭布づきん 野分のわけ すま