“葦牙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あしかび50.0%
アシカビ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次に國く、かべるの如くして水母なすへる時に、葦牙のごとる物に因りて成りませる神の名は、宇摩志阿斯訶備比古遲の神。次に常立の神
萠え葦牙
海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「日本書紀葦牙」と言ふ本を天王寺の古本屋から見つけて来て、神代の神の名をすつかり諳誦してしまひました。まるで小さい語部の様な姿です。
新しい国語教育の方角 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
『古事記』は次に記して曰く、次に国浮脂の如くにして、海月なす漂える時に、葦牙の如く、れる物に因て、成りませる神の名は、宇麻志葦牙彦遅神、次に天之常立神。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)