“水母”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くらげ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“水母”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 生物科学・一般生物学 > 生態学100.0%
自然科学 > 地球科学・地学 > 気象学4.0%
歴史 > 日本史 > 日本史2.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
薄明りの平野のなかへ、星水母くらげほどに光っては消える遠い市の花火。海と雲と平野のパノラマがいかにも美しいものに思えた。
城のある町にて (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
陸の動物では先づ螢、海の動物では一二の原生動物、水母くらげ、きいとぷてらす、海螢、蝦、螢烏賊、裸鰯位なものだ。
光る生物 (旧字旧仮名) / 神田左京(著)