城のある町にてしろのあるまちにて
「高いとこの眺めは、アアッ(と咳をして)また格段でごわすな」 片手に洋傘、片手に扇子と日本手拭を持っている。頭が奇麗に禿げていて、カンカン帽子を冠っているのが、まるで栓をはめたように見える。——そんな老人が朗らかにそう言い捨てたまま峻の脇を …
作品に特徴的な語句
面紗ヴェイル はま こだわ よぎ ほほ きれ 憧憬しょうけい ゆわ うなり たかし あた はず くろず がゆ みず 狡猾ずる 牟婁ムロ 眺望ちょうぼう きま 素晴すばら かげ 木挽こび やみ おそ こう かな もみ 抽出ひきだ 庇護かば よみが あしうら 馴染なじ 生地きじ のぞ 煉瓦れんが くろ なお くせ はと 白堊はくあ 魚鱗ぎょりん 白粉おしろい 髣髴ほうふつ 皎々こうこう 駄目だめ 眼顔めがお にら またた 硝子ガラス 示唆しさ やしろ 祖母ばあ 神主かんぬし 禿 まれ 穿 こも ひも 養蚕ようさん 紫蘇しそ かしら まと 羞笑はじわらい うらや 義兄あに 義母はは 非道ひど ふた 褪赭たいしゃ すそ たもと 衣嚢かくし 衝立ついたて にぎ 行李こうり あか あり わだかま ひぐらし こけ あい わらび しま 這入はい かげ しず 間誤まご 芭蕉ばしょう もや 銀杏いちょう