“褪赭”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たいしゃ66.7%
セピア33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“褪赭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
くろい木立。百姓家。街道。そして青田のなかに褪赭たいしゃ煉瓦れんがの煙突。
城のある町にて (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
夕の空に褪赭たいしゃ色ににじんでいた。
雪の武石峠 (新字新仮名) / 別所梅之助(著)
うな垂れると紫色に見える首筋、矢張り女の子らしく、白粉位は塗りこくるのでせう。それがあぶらほこりに交つて、地色の褪赭セピアを紫色に仕上げて居るのです。