“セピア”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
褪赭66.7%
褐色33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うな垂れると紫色に見える首筋、矢張り女の子らしく、白粉位は塗りこくるのでせう。それがあぶらほこりに交つて、地色の褪赭セピアを紫色に仕上げて居るのです。
うな垂れると、紫色に見える首筋、やはり女の子らしく、白粉おしろいぐらいは塗りこくるのでしょう。それが脂とほこりに交って、地色の褪赭セピアを紫色に仕上げているのです。
部屋のなかは、濃い褐色セピアと黒っぽい藍色あいいろのなかに沈んでいるのに、外景には三鞭酒シャンパン色の明るい光が氾濫している。