“蕨”の読み方と例文
読み方割合
わらび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
斯う訊いて、彼女の道伴れになったのは、野山から柴を取って売ったり、を取って売ったりして生活している、あきよ嬶であった。
(新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
辰男の明方の夢には、える学校裏の山が現われて、そこには可愛らしい山家乙女が真白な手をきだして草を刈りなどしていた。
入江のほとり (新字新仮名) / 正宗白鳥(著)
してみると屈原よりも、漁父の方に達見がある。またかの伯夷叔斉は、天下が周の世となるや、首陽山に隠れ、を採って食った。
教育の目的 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)