“杉菜”の読み方と例文
読み方割合
すぎな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同じ「どこどこ続いだ」の遊戯も、土地によって土筆即ち花茎て行うところもあれば、また杉菜即ち葉茎を以てするところもあった。
君長は女を放してを抜いた。大夫の首は地に落ちた。続いて胴が高縁に倒れると、杉菜の中に静まっている自分の首をいて動かなかった。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
小石原から立つ陽炎がゆらゆらと揺れる。砂原の杉菜の葉末に宿った露に、日光が光った。
父の俤 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)