“細螺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しただみ30.8%
きしやご23.1%
きしゃご23.1%
シタヾミ15.4%
シタダミ7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れ/\水車小音す、美登利衆人細螺めて、さあう一はじめからと、これはをもらめざりき。
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ただし遣方が仇気ないから、まだ覗いているの長屋窓の女房の目では、おやおや細螺か、か、もしそれ堅豆だ、と思った、が、そうでない。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
細螺の様を序歌にしたのではなく、伊勢の海を言ひ、海岸の巌を言ふ中に「はひろふ」と言ふ、主題に接近した文句に逢着した処から
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
神風の 伊勢の海の大石に 這ひろふ細螺の いり、伐ちてしやまむ(神武天皇——記)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)