“細道”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほそみち96.4%
ほそぢ3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に、った、細道いてゆくと、あちらからいて、とぼとぼといてくるとった盲目女按摩あいました。
塩を載せた船 (新字新仮名) / 小川未明(著)
鬼ごっこ、子をとろ子とろ、一丁おくれ、釜鬼、ここは何処細道じゃ、かごめかごめ、瓢箪ぼっくりこ——そんなことをして遊ぶ。
旧聞日本橋:02 町の構成 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
わがあゆむ山の細道に片よりにしげれば小林なすも
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)