“蜜豆”の読み方と例文
読み方割合
みつまめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あれは全く尋常小学を出てから、浪花節なにわぶしを聴いたり、蜜豆みつまめを食べたり、男を追っかけたりばかりしていた、そのせいに違いない。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「この節私もあまり景気はよくないがね、まだお神に小遣こづかいをせびるほど零落おちぶれはしないよ。みんなに蜜豆みつまめをおごるくらいの金はあるよ。」
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
女達はアスパラガスのように、ドロドロと白粉おしろいをつけかけたまま皆だらしなく寝そべって蜜豆みつまめを食べている。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
「お父さん、とにかくおでんと蜜豆みつまめがいただけますね」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「父さん、蜜豆みつまめ——」
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
そしてね、照吉さんが、病気になった最初はじめっから、なぜですか、もうちゃんと覚悟をして、清川を出て寮へ引移るのにも、手廻りのものを、きちんと片附けて、この春からけるようにしたっちゃ、威張っていた、小遣帳こづかいちょうの、あの、蜜豆みつまめとした処なんか、棒を引いたんですってね。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ひもじいのが当然であり、彼女は日に二度も梅園の暖簾のれんをくぐり、蜜豆みつまめやぜんざい、いそべ焼などをたらふく食べ
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
春次は銀子と風呂ふろからの帰りみち蜜豆みつまめをおごりながら言うのだった。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)