“柏餅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かしわもち78.6%
かしはもち21.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
起きるのに張合がなくて、細君の、まだ裸体柏餅まっているのを、そう言うと、主人はちょっと舌を出して黙ってく。
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
うすい蒲団へ柏餅にくるまって、気の小さい目をしながら、みんなの馬鹿話を聞いていると、何時までも飽きない気がする。
醤油仏 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
白い股引藁草履を穿いた田子そのまゝの恰好して家でこさへた柏餅げて。私は柏餅を室のものに分配したが、皆は半分食べて窓から投げた。
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
あつしも男の子でせう、それに間違ひもなく獨り者だ。鯉幟や五月人形の贅は言はないが、せめては柏餅位にありつけないものかと朝つから二三軒、男の子のありさうなところを