醤油仏しょうゆぼとけ
五月雨は人を殺す?…… 人入れ渡世の銅鑼屋の亀さんの部屋にいる、日傭取の人足達も、七人が七人とも雨で、十日も仕事にあぶれて、みんな婆羅門の行者みたいに目を凹ましていた。 左次郎は隅っこに寝ていた。 うすい蒲団へ柏餅にくるまって、気の小さい目 …
作品に特徴的な語句
養母まま がけ がえる いで はず 弓弦ゆみづる 正金なま 犠牲にえ 目眩めまい 目瞬まじろ 詐欺かたり かけ 逆上あが ぐし 交際つきあい 仲間ちゅうげん へこ はじ ひる 日傭ひやとい 普請ぶしん 男女ふたり やせ あて から 背丈せい 花瓶はないけ 蒲柳きゃしゃ さまた 鉄鎚てっつい あが つら しか 上方かみがた うし どんぶり 亀首かめくび 二刻ふたとき 亡父ちち 他人ひと 元贇げんぴん 内儀かみ まる おか 切帯きりおび 博奕ばくち 反古ほご 口籠くちごも 古市ふるいち 吃驚びっくり くわ うな つば 啖呵たんか あえ つぐ 囈語うわごと 団子だんご 土産みやげ 執着しゅうじゃく 売女ばいた 多寡たか 夜鷹よたか 天寿てんじゅ 天秤てんびん 奔馬ほんば おんな 安閑あんかん 寄子よりこ ひそ 小遣こづかい とが 就中なかんずく 布令ふれ 希望のぞみ 年増としま 年長としかさ かば 床几しょうぎ 引緊ひきしま 強請ゆすり 彼処かしこ 御世みよ 忌々いまいま こら