“亀首”の読み方と例文
読み方割合
かめくび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仲間れになって寝ていた左次郎は、何かと思って、亀首げてみると、丑がみんなの前にをのばして見せつけているのは
醤油仏 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ははあ、それで馬春堂先生、気の腐るまま宿を出て、池辺亀首を曲げながら、売卜者の身の上知らず、来ぬ待ち人を待ちあぐねているものとみえます。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
水鶏橋の袂へ、横ッ飛びに逃げだした男は、こうつぶやいて、枯草の中から、そろそろと亀首をもたげだす。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)