“亀井”の読み方と例文
読み方割合
かめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
筑前亀井先生なども朱子学を取らずに経義に一説を立てたと云うから、そのを汲む人々は何だか山陽流を面白く思わぬのでしょう。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
白砂青松の東海道の空にかかったとき、竹童がふと見おろすと、たしかに徳川勢亀井内藤高力なんどの武者らしい軍兵三千あまり、旗幟堂々
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
F君の言う所はる尋常に異なるものであった。君は私とは同じ石見人であるが、私は津和野に生れたから亀井家領内の人、君は所謂天領の人である。
二人の友 (新字新仮名) / 森鴎外(著)