“経義”の読み方と例文
読み方割合
けいぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
筑前亀井先生なども朱子学を取らずに経義に一説を立てたと云うから、そのを汲む人々は何だか山陽流を面白く思わぬのでしょう。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
白石の塾に居て漢書は如何なるものをだかと申すと、経書を専らにして論語、孟子は勿論、すべて経義の研究を
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
左国史漢は勿論、詩経、書経のような経義でも、又は老子荘子のような妙な面白いものでも、先生の講義を聞き又自分に研究しました。是れは豊前中津の大儒白石先生のである。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)