“内藤”の読み方と例文
読み方割合
ないとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
きっと行けると思う人はと云ったら内藤君や四人だけ手をあげた。みんな町の人たちだ。うちではやってくれるだろうか。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
白砂青松の東海道の空にかかったとき、竹童がふと見おろすと、たしかに徳川勢亀井内藤高力なんどの武者らしい軍兵三千あまり、旗幟堂々
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
三面谷は越後の村上領では有るのだけれど、又米沢からの支配をも受けているので、内藤家からも飯米を与えるが、上杉家からも毎年二十俵を、雪が積って初めて道が出来るのを待って
壁の眼の怪 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)