“亀戸”のいろいろな読み方と例文
旧字:龜戸
読み方割合
かめいど96.4%
かめど3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そんなのじゃありませんよ——今日は飯田町のお由良と一緒に亀戸の天神様へ藤を見に出かける約束で、朝はやく誘いに行くと——」
「ところが、——その男の家は亀戸辺にあるらしいが、子供は蒲団を背負ったまま、神田の多町までいっちまったっていうんだ」
へちまの木 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
かつて亀戸隅田に、また朝鮮台湾満州