へちまの木へちまのき
房二郎が腰を掛けたとき、すぐ向うにいたその男は、鰺の塩焼を食べながら酒を飲んでいた。房二郎は酒を注文し、肴はいらないと云った。ふくれたような顔の小女は、軽蔑したような声で、酒一本、肴はいらないとさ、とあてつけがましい声でどなった。房二郎は慣 …
作品に特徴的な語句
へい じるし はん 喧嘩げんか かっ はず 偽書にせがき ひん なまめ たな まく ほう みぞ きれ しら 辻斬つじぎ 逢曳あいび つら 馬喰ばくろ 亀戸かめいど 人別にんべつ ほの 仔熊こぐま 仔細しさい おっ せがれ 俯向うつむ そば ひが もう 内所ないしょ こお もた 前跼まえかが 半刻はんとき 半插はんぞう 反吐へど 反故ほご たた 可笑おか ども つぶや あお うめ とが せき うな すす 嘔吐おうと ささや 土堤どて 大店おおだな 女狐めぎつね 女狼おんなおおかみ 婦女おんな 宿酔ふつかよい 寝衣ねまき 小女こおんな 小路こうじ とが もっと くず 山王さんのう 布子ぬのこ じょう ひら 庖丁ほうちょう 店者たなもの 店賃たなちん たし こしら くじ つか 掻巻かいまき そろ 摺師すりし さら 晦日みそか 枕許まくらもと 桜谷おうこく とげ あざむ ゆが れっき 沢茂さわも 河岸かし