“龜戸”の読み方と例文
新字:亀戸
読み方割合
かめゐど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
知られた屋敷ですよ、龜戸には、梅屋敷や臥龍梅といふ名所もあるが、白山の白梅屋敷は、たつた一本の梅だが、山の手では珍らしいから騷ぐんでせうね
明治五年八月に七十八歳で向島龜戸神社の祠官となり、眼疾のために殆ど失明して終つたと云ふことである。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
汽車龜戸ぎて——あゝ、このあひだのきだ、すぐに新小岩づくと、に、小兒溝板けだす路傍のあしのに、る、る。ぎやうぎやうし、ぎやうぎやうし。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)