“池辺”のいろいろな読み方と例文
旧字:池邊
読み方割合
いけべ50.0%
ちへん33.3%
イケベ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薩軍の池辺は、試みに、勧降状を矢にむすんで、諸所の防寨に射込ませてみたが、ひとりの城兵も、降伏して出て来なかった。
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ははあ、それで馬春堂先生、気の腐るまま宿を出て、池辺亀首を曲げながら、売卜者の身の上知らず、来ぬ待ち人を待ちあぐねているものとみえます。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
池辺大宮天下天皇。大御身時。歳次丙午。召シテ於大王天皇太子而誓願ハク。我大御病太平サント
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)