“池辺三山”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いけべさんざん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“池辺三山”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
折角苦辛惨澹さんたんしてこしらえ上げた細密なる調査も、故池辺三山いけべさんざんが二葉亭歿後に私に語った如く参謀本部向き外務省向きであって新聞紙向きではなかった。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)