“筍飯”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たけのこめし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
桜はまだ咲かず、引きかへして目黒の牡丹亭とかいふに這入り込み、足を伸ばしてしよんぼりとして待つて居るほどに、あつらへの筍飯たけのこめしを持つて出て給仕してくれた十七
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
と書きなおして、下の句を考えていると、そこへ、筍飯たけのこめしにすまし汁をそえた、遅い夜食が運ばれてくる。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)