“筍連”の読み方と例文
読み方割合
たけのこれん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
名古屋の筍連にも思いきった八ツ当りを浴びせ、医学館の薬品会をコキおろし、伊藤玄沢の施薬をおひゃらかし、三臓円や、小見山宗法が店をひやかし、ういろう、きしめん、名古屋女とお市の方
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)