“筍藪”の読み方と例文
読み方割合
たけのこやぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
斯く二句を作り侍りしが、鴬は筍藪といひて老若の余情もいみじくり侍らん。蚕は熟語をしらぬ人は心のはこびをえこそ聞くまじけれ。是はの一字を入れて家に飼ひたるさまあらんとなり。
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)