“鮟鱇”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あんこう79.2%
あんかう20.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鮟鱇”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲2.0%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
空地に向った右側は魚屋になって、店には鮟鱇あんこうつるし、台板の上には小鯛こだい海老えびかに
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
鮟鱇あんこう坊主ぼうずと、……唯今でも、気味の悪い、幽霊の浜風にうわさをしますが、何の化ものとも分りません。
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鮟鱇あんかうにしてはすこかほがそぐはないからなににしやう、なにるだらう
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
寒〓かんむつ鮟鱇あんかう寒比目魚かんびらめなぞをかつぎながら、毎日大森の方から來てわたしの家の前に荷をおろす年若な肴屋がある。
桃の雫 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)