“鮟鱇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あんこう81.5%
あんかう18.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「テヘッ。呆れて物が云えねえ。咽喉のビクビクが可哀相なら、引っくりった鮟鱇なんか見ちゃいられねえや。勝手にしやがれだ。ケッ……」
芝居狂冒険 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
乃公は伯父さんを魚屋の店に吊してある鮟鱇と見立て、冗談半分に釣る積りで、口のを下した。遠くでやる仕事だから、どうせ巧くは行かない。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
鮟鱇をぶく/\さして、をゆすつたが、衣兜から名刺して、のなかへまつすぐにしくいて
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
殘つた魚を竹の皮包にして持つて歸つたのは、後で鮟鱇と判つては面白くないからだ。