“小松菜”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こまつな85.7%
コマツナ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小松菜”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
農家らしい古家ふるいえでは今でも生垣いけがきをめぐらした平地に、小松菜こまつなねぎをつくっている。
元八まん (新字新仮名) / 永井荷風(著)
むつかしやの隠居は小松菜こまつなの中から俎板まないたのにおいをかぎ出してつけ物のさらを拒絶する。
試験管 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
ほうれん草ではなく小松菜コマツナだったらしいのよ、畑直すについて出ている小松菜をみんな抜いて、今夜ゆでて、おママしにしてみました。