“姫小松”の読み方と例文
読み方割合
ひめこまつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
針葉樹の主なるものは唐檜白檜であるが、姫小松・ネズコ(黒檜)等の大木も少くない。落葉松は東沢や針ノ木谷になりの面積ある純林を成している。
黒部峡谷 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
富岡老人はそのまま三人の者の足音の聞こえなくなるまで対岸白眼んでいたが、次第に眼を遠くの禿山に転じた、姫小松えた丘は静に日光を浴びている
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
針葉喬木は姫小松、黒檜、羅漢柏、犬榧などが多い。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)