“小松山”の読み方と例文
読み方割合
こまつやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その日は日曜で僕は四五人の学校仲間と小松山へ出かけ、戦争の真似をして、我こそ秀吉だとか義経だとか、十三四にもなりながらばかげた腕白を働らいて大あばれに
非凡なる凡人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
ぼくたち子供は、見送るつもりでしばらくのうしろについていった。さんもすぎたが、誰一人ろうとしなかった。小松山のそばまでたが、まだるようすをせなかった。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
小松山という将来のある力士だったそうでございます。
幽霊妻 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)