非凡なる凡人ひぼんなるぼんじん
五六人の年若い者が集まって互いに友の上を噂しあったことがある、その時、一人が—— 僕の小供の時からの友に桂正作という男がある、今年二十四で今は横浜のある会社に技手として雇われもっぱら電気事業に従事して …