非凡なる凡人ひぼんなるぼんじん
五六人の年若い者が集まって互いに友の上を噂しあったことがある、その時、一人が—— 僕の小供の時からの友に桂正作という男がある、今年二十四で今は横浜のある会社に技手として雇われもっぱら電気事業に従事しているが、まずこの男ほど類の異った人物はあ …
作品に特徴的な語句
出立たて 美味うまみ 微笑わらい 逆上こみあ おやじ 彼地むこう 母上かあさま 立出 八歳やッつ しょ 宿屋やど なつか 男児おとこのこ まな あば もと すぐ 元来もと うわ 大望アンビション 宿所やど ぼう 理由いわれ くた 行方ゆきがた 衣装みなり 事業じぎょう たく おさ 山気やまぎ おとと うれ 所々しょしょ 故郷くに 散々ちりぢり げん たたみ とう りょう 見分けんぶん たず 離別わかれ 一事いちじ 一冊いっさつ 一別いちべつ 一膳いちぜん 丁寧ていねい 丈夫じょうぶ 今日こんにち 代物しろもの 住家すみか 偏物へんぶつ もう 児供こども 刺身さしみ 勉励べんれい 反物たんもの 周囲まわり 周旋しゅうせん のど うわさ 国元くにもと 壮厳そうごん 天井てんじょう 奔走ほんそう うれ 学僕がくぼく うち 容貌ようぼう 将来ゆくすえ 尋常じんじょう 小供こども 布団ふとん 幾度いくたび 座右ざゆう かえ 悪癖あくへき ふところ 成就じょうじゅ 手提てさげ 打壊ぶちこわ 抽斗ひきだし 拓殖たくしょく 挨拶あいさつ はさ よう なげう 放擲ほうてき 敢為かんい