“学僕”の読み方と例文
旧字:學僕
読み方割合
がくぼく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正作は五郎のために、所々奔走してあるいは商店に入れ、あるいは学僕としたけれど、五郎はいたるところで失敗し、いたるところを逃げだしてしまう。
非凡なる凡人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
田崎と云うのは、父と同郷のみで、つい此のから学僕に住込んだ十六七の少年である。
(新字新仮名) / 永井荷風(著)
無論長屋住居の貧しい暮しをしていたものの子である。我ら二人の寝起する所も、屋根に一枚のさえ見る事のできない古長屋の一部であった。下には学僕と幹事をぜて十人ばかり寄宿していた。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)