“曲水”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょくすい60.0%
ゴクスヰ40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一つは曲水きょくすい群青ぐんじょうに桃のさかずき絵雪洞えぼんぼり、桃のようなともす。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
道の露芝つゆしば曲水きょくすいみぎわにして、さら/\と音するながれの底に、聞きも知らぬ三味線しゃみせんの、沈んだ、陰気な調子に合せて、かすかうたふ声がする。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
入込いりごみ諏訪すわ涌湯いでゆの夕ま暮 曲水きょくすい
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
其が形式化して曲水ゴクスヰの宴ともなつたので、通常伝へる処では、の後、上巳をやめて三日を用ゐる様になつたが、名前は依然、上巳で通つてゐるのだといふ。
雛祭りの話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其が形式化して、曲水ゴクスヰの宴ともなつた。