“鮨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すし85.7%
ずし10.4%
やすけ3.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道庵はそれを見ながら、与八を相手にあたりかまわず無茶を言っては、饅頭を山の如く取って与八に食わせ、自分も食いながら
パン屋の隣りはあずまという鮨屋であった。あずま鮨はこの近辺では一番うまいという評判であった。しかし私の得意ではなかった。
安い頭 (新字新仮名) / 小山清(著)
朝飯がすゝまずば後刻でも誂へようか、風邪にしては熱も無ければ大方きのふの疲れと見える、太郎樣への朝參りは母さんが代理してやれば御免こふむれとありしに
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)