安い頭やすいあたま
下谷の竜泉寺町という町の名は、直接その土地に馴染のない人にも、まんざら親しみのないものでもなかろう。浅草の観音さまにも遠くはないし、吉原遊廓は目と鼻のさきだし、お酉さまはここが本家である。若しもその人が小説好きであるならば、「たけくらべ」に …
作品に特徴的な語句
じょう 嗅覚しゅうかく 大根おおね 下脹しもぶくれ 中腹ちゅうっぱら かたわら 吝嗇けち 摸牌モーパイ ほと あかぎれ 見栄みば またが 鋸屋のこぎりや 間髪かんぱつ 饒舌じょうぜつ 髪結かみゆ ずし 一郭いっかく 丁度ちょうど 下谷したや 不憫ふびん 了簡りょうけん 交歓こうかん 代物しろもの 佃煮つくだに 侮辱ぶじょく しの 刷毛はけ 口吻くちぶり 口癖くちぐせ 口説くど 口髭くちひげ たた 吐胸とむね あき 咄嗟とっさ とが はや 因縁いんねん 団欒だんらん 天幕テント 如何いか 安逸あんいつ 容貌ようぼう 寥々りょうりょう 小肥こぶと たむろ 店舗てんぽ くるわ 彷彿ほうふつ 応召おうしょう おこた 怪我けが 恰好かっこう 惣菜そうざい 慳貪けんどん 所謂いわゆる 手剛てごわ 手摺てすり ほう ひら 挺子てこ さば 揚屋あげや さら 放胆ほうたん 昵懇じっこん 梳手すきて 棚罫たなけい あざむ ゆが 歳暮せいぼ こと なぐ こわ 流石さすが あふ あさ 煤煙ばいえん 画鋲がびょう 界隈かいわい こぶ 真鍮しんちゅう 硝子ガラス 筆蹟ひっせき ねば 素人しろうと 繁昌はんじょう 繃帯ほうたい 罵倒ばとう 羞恥しゅうち