“交歓”の読み方と例文
読み方割合
こうかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私はいまも朝鮮人に親しみを感じているが、それはこの新聞配達をしていた期間の交歓に由るものである。私に区域を引き継いでくれた人も朝鮮人であった。
安い頭 (新字新仮名) / 小山清(著)
元康自身よりも、その間の忍苦辛酸を忘れられない三河譜代の老臣たちは、万感こもごも胸にせまって、ひそかにを熱くしながら、若い両太守交歓をながめていた。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
小関氏を塾長とする興国塾の塾生約五十名で、来塾の目的は見学と交歓、日時は今度の土曜の午後一時から夜八時まで、夕食をともにするが、実費は先方の分は先方で負担する
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)