“こうかん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
巷間17.6%
交換12.6%
浩瀚12.6%
交驩10.9%
槓杆8.4%
槓桿5.0%
浩澣5.0%
江漢3.4%
好漢2.5%
甲館2.5%
交歓2.5%
浩翰2.5%
好感1.7%
後患1.7%
高幹0.8%
亢旱0.8%
候官0.8%
喉間0.8%
後奸0.8%
狡奸0.8%
獷猂0.8%
航艦0.8%
苟簡0.8%
荒寒0.8%
香羹0.8%
黄観0.8%
齁鼾0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いまはかえって、このような巷間無名の民衆たちが、正論を吐いている時代である。指導者たちは、ただを食って右往左往しているばかりだ。
パンドラの匣 (新字新仮名) / 太宰治(著)
昨日の三重子は、——山手線の電車の中に彼と目礼だけ交換した三重子はいかにもしとやかな女学生だった。
早春 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
支倉は一方裁判長にかくの如き浩瀚なる書類を出すと共に、一方庄司署長、神戸牧師に恨みの手紙を出す事は少しも怠らなかった。
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
但し、滑稽なことに、初めは戦争どころか、両軍の将士が相擁してカヴァを酌みかわし、盛んな交驩が行われたらしい。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
「うむ、これだよ!」と呟くと、数間離れた地面の一箇所、そこにニョッキリ突起している、赤錆びた槓杆を引っ掴んだ。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
自覚したる天才が、新たな未来を開拓せんとする時、現在を基点として一大転向を企図せんとする時、過去と全体とは彼の槓桿の上にのしかかってくる。
わたくしは病床で『真書太閤記』を通読し、つづいて『水滸伝』、『西遊記』、『演義三国志』のような浩澣な冊子をよんだことを記憶している。
十六、七のころ (新字新仮名) / 永井荷風(著)
蛾眉山のの河々皆此大河に入る。此大河瀘州を流れ三のふもとをぎ、江漢荊州に入り、○洞庭湖赤壁潯陽江楊子江の四大じて江南流湎りて東海に入る。
好漢この鬼窟裏に向って生計を営む。惜しい事だ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
甲館躑躅詰侍が、すでに、ここの物音を聞きしって、そとをかためてしまったにそういない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
元康自身よりも、その間の忍苦辛酸を忘れられない三河譜代の老臣たちは、万感こもごも胸にせまって、ひそかにを熱くしながら、若い両太守交歓をながめていた。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それに対してヴィクトル・アリ氏は先々月浩翰な反駁文をアムステルダム発行の鉄砲雑誌「火器」に寄せた。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
それは事実かはらなかつたが、からも好感をもたれないとIとのして、さうつたとすれば、それはS、Hひさうなことだとははれた。
微笑の渦 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
人を殺せば殺される。殺されたものは社会から消えて行く。後患さない。趣味の堕落したものは依然として現存する。現存する以上は堕落した趣味を伝染せねばやまぬ。彼はペストである。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
二男の袁煕や甥の高幹も、一方に陣地を構築し、三面から曹操を防いだのでさしもの曹軍も、やや喰いとめられ、戦いは翌八年の春にわたって、まったく膠着状態に入るかと見えたが
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
并州へ入って、高幹に止めを刺せ」と、曹操はそれに命令を下した。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「——龍涙に落つるは亢旱三年、という古言もあります。陛下、社稷の重きを思い給わば、何とぞ玉体をおね遊ばさぬように。そして努めて、士気の昂揚をご宸念あそばして下さい」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
晋の安帝のとき、候官県の謝端は幼い頃に父母をうしない、別に親類もないので、となりの人に養育されて成長した。
青門老圃り一室の中に坐し、冥思遐捜す、両頬を発し火の如く、喉間咯々声あるに至る、稿をし日を積まざれば出でず、思を構ふるの時につて大苦あるものの如し、既に来れば則ち大喜
人生 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
もし朝廷において一時の利得を計り、永久治安の策をなさない時には、すなわち北条の後に足利を生じ、前姦去って後奸来たるの覆轍を踏むことも避けがたいであろう。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
後世の水戸学者は、これを評して「彼の狡奸だ」といった。また「耳をってを盗むの芝居だ」と酷評した。しかり、どんな人間も、純一無垢な涙にはなりきれない。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
周密の『癸辛雑識』続上に、北方の野猪大なるもの数百斤、最も獷猂にしてりがたし、に身を以て松樹をり脂を取って自ら潤し、しかる後に沙中に臥し沙を膏に附く。
柚子はそのころ、第Ⅹ航艦の司令官をしていた兄の末っ子で、母は早く死に、三人の兄はみな海軍で前へ出ていたので、ずうっと寄宿舎にいて、家庭的には、めぐまれない生活だった。
春雪 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
漆谷は市河三陽、小野節二家の説を聞くに、後藤氏、名は苟簡、字は子易、一田夫、又木斎と号した。北条霞亭の尺牘に拠るに、通称は弥之助である。讚岐の商家に生れ、屋号を油屋と云ふ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
蕪村はこれをに用ゐ、これら不浄の物をして殺風景ならしめざるのみならず、幾多の荒寒凄涼なる趣味を含ましむるを得たり。
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
熊肉を煮込んで、それを燐寸の小箱ほどの大きさに切り、それに濃い香羹がかけてある。
香熊 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
礼部尚書陳廸刑部尚書暴昭礼部侍郎黄観蘇州知府姚善翰林修譚王叔英翰林王艮淅江按察使王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶谷府長史劉璟、其他数十百人、は屈せずして殺され
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
慶応二年二月望。鷲津宣光新馬埒ノ尚志斎ニ閲ス。時ニ侍童ノ齁鼾雷ノ如ク城鼓正ニ五更ヲ報ズ。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)