“てこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
34.7%
梃子18.2%
槓杆13.2%
手古11.6%
8.3%
挺子5.0%
槓桿1.7%
1.7%
手子0.8%
手扱0.8%
手拈0.8%
0.8%
木挺0.8%
0.8%
鉄挺0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
でも動かぬといった感じで、ボックスでとぐろを巻いているのだ。しかし、十三時間の間、幾子と口を利くのはほんの二言か三言だ。
四月馬鹿 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
見事な廊下で、男の手だけで煮炊きをするやら、洗濯をして松の木にほすやら……当家の主人は、こっち側とばかり、梃子でも動かぬ気組み。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
そりゃ、あなた、日本の国情がどうあろうと、こっちの言い分が通るまでは動かないというふうに——槓杆でも動かないのような権幕で。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
白いを長く延ばした爺さんであつたが、なかなか重いと見え、人夫は白い息をふうふうと吐いて少し手古ずり、すると、人々の間から
釜ヶ崎 (新字旧仮名) / 武田麟太郎(著)
伊作をいだすと、にもおえなくなるのが、むかしからの例だから、これはもう、きいても無駄だと思って、せんさくをするのはやめにした。
野萩 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
これは物理学の挺子の原理というのです。この棒を長くすればするほど、どんな強い力でも出せるのです。井戸のポンプの柄と同じわけなのです。
新宝島 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「あのようなに合うといっては槓桿のほかにはありません。」
即ち原稿用紙三枚の久保田万太郎論を草する所以なり。久保田君、幸いに首肯するや否や? もし又首肯せざらん乎、——君の一たび抛下すれば、でも棒でも動かざるは既に僕の知る所なり。
久保田万太郎氏 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
その村上も、決して坑夫に特別味方して呉れた医者じゃなかった。たゞ事実を有る通りに曲げなかった。そして、公平に、坑夫でも手子でも空いていさえすれば、一等室に這入らした。
土鼠と落盤 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
併し、だからと言ってこれを拒絶して、手扱きを使い続ける気にもなれなかった。
山茶花 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
女房を連れ出すにも、なかなか、なんのかのと言い渋るので手拈ずッたが、俺の夢見に二タ晩も岳廟の神があらわれて、きょうまでの魔邪は水に流し、以前の夫婦仲を誓い直せと
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
でも動かぬにじ果てて、すっぱすっぱ煙草を吹かすやら、お前様、をするやら、向脛る蚊を揉殺すやら、泥に酔った大鮫のような嘉吉を、浪打際に押取巻いて、小田原評定
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
二重荷車を引張ったり木挺でこじたりしていたが、ここでも彼等が元気よく歌うことは同様で、群を離れて立つ一人が音頭をとり、一同が口をそろえて合唱をすると同時に
又、坤軸に根ざすの巌なり。地殻層上の力、如何に強しとども、又動かすに由なし、人生最大の権威、一にこの信念の巌上に建てらる。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
を呼びにやるやら何やら騒ぎ致しますけれども、小平は鉄挺でも動きませんので、持て余している所へ帰って来たのは主人善右衞門で、これより小平を奥へ連れてまいり
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)