“鉄挺”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かなてこ60.0%
てこ20.0%
てってい20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鉄挺”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
芸術・美術 > 演劇 > 映画1.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
表からそっと覗いてみると、親方らしい四十ぐらいの男が指図して、三人の職人が熱い鉄挺かなてこから火花を散らしていた。
半七捕物帳:06 半鐘の怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
といいかけて、親仁おやじは少年のそばへにじり寄って、鉄挺かなてこを見たようなこぶしで、背中をどんとくらわした、白痴ばかの腹はだぶりとして、べそをかくような口つきで、にやりと笑う。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と云うので店の者は大きに驚き、かしらを呼びにやるやら何やら騒ぎ致しますけれども、小平は鉄挺てこでも動きませんので、持て余している所へ帰って来たのは主人善右衞門で、これより小平を奥へ連れてまいり、意見を致しますお話は次囘までお預りに致しましょう。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
たとえば、ルービッチの「モンテカルロ」で突進する機関車のエンジンの運動と汽笛の音と伴奏音楽との合成的律動や、「自由をわれらに」における工場のつちの音、「人生案内」の線路工事の鉄挺てっていの音の使用などのようなのがそれである。
映画芸術 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)