“鬚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひげ98.0%
あごひげ1.0%
びん0.5%
ヒゲ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先方はだらけの面をこっちに向けて、じっと見つめていることは確かだが、さて、なんらの敵意もなければ、害心も認められない。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
、まるで銀の針金を植えつけたようで、なんのことはない神霊矢口渡の頓兵衛を見るようであった。
桜林 (新字新仮名) / 小山清(著)
向うの角からまがってきた姿のりっぱな武士……のような柔和な眼、ぶくれの豊かな頬には、世の中と人間に対する深い理解と、経験のが刻まれ、にすこし白いものがまじって
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
属名の Tragopogon は Tragos(山羊)pogon()のギリシャ語から成ったもので、それはその長い冠毛の鬚に基づいて名づけたものであろう。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)