“顎鬚”の読み方と例文
読み方割合
あごひげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宗十頭巾に十徳姿、顎鬚白い、好々爺然とした落語家仲間のお稽古番、かん治爺さんの姿が、ヒョロヒョロと目の前に見えてきた。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
背丈は一メートル五十ちょっとで、痩せていて白髪頭で、しかしまっ黒な口髭をぴんとはね、やはりまっ黒な顎鬚をたくわえていた。
季節のない街 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
顎鬚綺麗に削り、鼻の下のを短かく摘み、白麻の詰襟服で、丸火屋の台ラムプの蔭に座って、白扇を使っている姿が眼に浮かぶ。
父杉山茂丸を語る (新字新仮名) / 夢野久作(著)