“あごひげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
頤髯21.8%
顎髯19.5%
顎鬚15.0%
頤鬚11.3%
顋髯7.5%
顎髭6.0%
腮髯5.3%
頤髭3.8%
腮鬚3.0%
顋鬚3.0%
1.5%
腭鬚0.8%
腮髭0.8%
顋髭0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ボリーはロマンティックな頤髯をはやしていた、ジャン・マルタンはなおズボンつりをかけていた、ルクーフェは母と言い争った。
「さればさ、さればこの件だが」不識先生は、顎髯をしごいて云った、「儂がみたところ、家主吾助に憑いておるのは天一坊であるな」
長屋天一坊 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
背丈は一メートル五十ちょっとで、痩せていて白髪頭で、しかしまっ黒な口髭をぴんとはね、やはりまっ黒な顎鬚をたくわえていた。
季節のない街 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
彼は自分の頤鬚よりも、むしろその堂々たる体格の方を自慢にしている。というのが、牝山羊も頤の下にちゃんと鬚を生やしているからである。
博物誌 (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
「さようじゃなあ、そんじゃ、もうやめるか」と、い男の右側にいる顋髯の延びた男が云った。
岩魚の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
通りすがりに、何の気なしに中を覗いて見ると、つい鼻先きの寝台の上に、若い男の、薄い顎髭を生やした、のような顔が仰向いているのがちらりと見えた。
菜穂子 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
六畳間には、顔の長い、頬のげた、そしてんだ穴の中に鋭い眼のある老人が、漆黒腮髯をしごいて、いつも書見か、墨池に親しんでいる。
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さう云つて、彼は「山羊」と綽名をつけられてゐるその頤髭を、馴れた手つきで、さつとしごいた。
双面神 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
ぼろぼろの法衣を着た、痩せて銀のような腮鬚を生やした旅僧が立って念仏を唱えていた。
妖怪記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
かつて筆者が不精で顋鬚を剃るのを怠っているのを見付けた時「あごひげなんか延ばして大家になっちゃ駄目だぞ」
工学博士末広恭二君 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
その部屋にいた三人のアイヌは、黒いを房々とはやし、こんがらかった長髪をしていたが、顔は我々の民族に非常によく似ていて、蒙古人種の面影は、更に見えなかった。
主人は白い長い腭鬚をひっぱり、黒ちりめんの羽織で、大きなに坐り、銀の長ぎせるで煙草をのみ、曲彔をおき、床わきには蒔絵琵琶を飾り、金屏の前の大に桜の枝を投げ入れ
『ぢや何だ、真黒な腮髭を生やした男で、放浪者みたいな?』
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
しかしその中にたった一枚、フロック・コオトに勲章をつけた、顋髭のある老人の半身だけは変らない。ただその顔はいつのにか前の背むしの顔になっている。
浅草公園:或シナリオ (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)