菜穂子なおこ
一九二六年九月七日、O村にて 菜穂子、 私はこの日記をお前にいつか読んで貰うために書いておこうと思う。私が死んでから何年か立って、どうしたのかこの頃ちっとも私と口を利こうとはしないお前にも、もっと打ちとけて話しておけばよかったろうと思う時が …
作品に特徴的な語句
あお 戦慄おののき しゃ うつ まどろ 痕跡きずあと くま よぎ ひとや おお むな こま 遠退とおざ 一時ひととき 為合しあ くう かご はずか あきら おびや しず 幻影イリュウジョン かがや しきみ こう とま いつ すさ すすき なま まば きず 狼狽うろた おわ とも きたな むら はず かげ とも 斑雪まだらゆき うなず 飛沫ひまつ 苛立いらだた 抽出ひきだ おびや にわ ばか しん あきら つぐな かたわら 逡巡ためら ほこ こご ごえ 墓詣はかまいり 雪袴たっつけ 繁昌はんじょう うかが 驚愕きょうがく すく 端書はがき かげ こも まぎ ほそ 細面ほそおもて から 絨毯じゅうたん