“茵”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しとね97.1%
ふとん2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いやその相手なき酒宴には、とうに飽いて、杯盤も遠くにやり、の横には、脇息がわりに、白絹の夜具を厚く折りかさねていた。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
滔々たる天下その師弟の間、厳として天地の如く、その弟子は鞠躬として危座し、先生はに座し、見台に向い、昂然として講ず。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
木魚は小さいのは可愛らしいものであるが、大きなのがを敷いて座っていると、かなりガクガクとした平たい四角である。老爺さんの顔も大きな四角なお出額も張っている。
旧聞日本橋:08 木魚の顔 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)