“銀時計”の読み方と例文
読み方割合
ぎんどけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のさじを一本と、それに金貨も一枚あげよう、その金貨といったら、少年の父親の銀時計っくらいもある大きなものだと、言いました。
正二くんは、おさんのへやへって、方々のひきだしをけて、きな銀時計をさがしました。
正二くんの時計 (新字新仮名) / 小川未明(著)