“飯台”の読み方と例文
旧字:飯臺
読み方割合
はんだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のまあたらしい飯台をとりまいて徳利をはや三十本。小鉢やら丼やら、ところもにおきならべ、無闇に景気をつけている。
今し方工場から帰つたばかりの嘉吉は、いつもの癖で仕事着のまゝ飯台の一方に場広くあぐらにわつて、もうがつ/\やらかしてゐた。
煤煙の匂ひ (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
に五間くらいの土間に、飯台が二た側、おのおの左右に作り付けの腰掛が据えられ、で編んだ円座が二尺ほどの間隔をとって置いてある。
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)