“蒲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
がま78.4%
かば9.8%
かま5.9%
2.0%
かばの2.0%
エビカヅラ2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
城址の森が黒く見える。沼がところどころ闇の夜の星に光った。がガサガサと夜風に動く。町のがそこにもここにも見える。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
鎌倉殿の弟君といえば、誰もすぐ殿かと合点する。その範頼のあることを知っても、義経という弟もあることは、まだ世間に知る者はだった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
山陰道筋の鉢屋をとも、とも云ったのは、薦を携帯しているが故に薦僧であり、またその薦を苫として小屋がけの屋根をくが故に苫と云い
子路の仕事は孔家のために宰としての地を治めることである。衛の孔家は、魯ならば季孫氏に当る名家で、当主孔叔圉はつとに名大夫のが高い。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
冠者の本陣を義経が訪れると、範頼は
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
爾に伊邪那岐黒御鬘を取りて、投げ棄て給いしかば、乃ちりき。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)