“銀簪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎんかんざし64.0%
ぎんかん28.0%
ぎんしん8.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
子分のガラッ八が差出した提灯覚束ない明りにすかして見ると、若い芸妓が一人、銀簪を深々と右の眼に突っ立てられて、に死んでいたのです。
のよき高髷におがけは櫻色ねたる丈長平打銀簪淡泊ばして學校がよひのお姿りて、何時のやうに御平癒ばすやらと心細
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
また、元から胸の守りというものを掛けて、それをに抱いていた。他には、金釵銀簪のかざりもないし、濃い臙脂粉黛もこらしていなかった。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)