“丈長”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たけなが95.7%
たけたか4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……何處ともなしにに、しの島田下村丈長で、のリボンがとなく、鼈甲突通しを、しのぎでいたとばれる。
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「お駒ちやん、もうこの頃は白い丈長懸けんのかい。」と、定吉は、俯向いて咽せてゐるお駒の島田髷いでゐるのを見ながら言つた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
いふことば半ばにして海野はまた感謝状を取直し、ぐるりと押廻して後背なる一団の軍夫に示せし時、戸口に丈長き人物あり。
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)